たかまるブログ

centos6にphp56いれた

      2015/12/30

Centos 6で動いているサーバの中にphp5.6を入れます。
ちなみにCentos6は2020年までのサポートになり、標準レポジトリから入れたphp5.3はRed Hat Enterprise Linuxのチームがが2020年までサポートするみたいです。つまり、CentOSのphp5.3も2020年までのサポートになります。
5.3.3-46.el6_6
のような感じで php 5.3.3-46.el6_6 と php5.3.3- の後ろにある数字が増えていきます。

php5.3のままでも動くのですが、、とはいえ、あまりにも古かったのでphp5.6までバージョンをあげます。

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.6 (Final)

レポジトリ追加
$ sudo rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

今入っているphp を削除
$ sudo yum remove "*php*"

==================================================
パッケージ アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量
==================================================
削除:
php x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 3.5 M
php-cli x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 6.2 M
php-common x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 2.9 M
php-devel x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 3.0 M
php-gd x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 324 k
php-imap x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 100 k
php-mbstring x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 2.1 M
php-mcrypt x86_64 5.3.3-3.el6 @epel 46 k
php-mysql x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 216 k
php-pdo x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 168 k
php-pear noarch 1:1.9.4-4.el6 @base 2.2 M
php-pecl-apc x86_64 3.1.9-2.el6 @base 318 k
php-soap x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 325 k
php-xml x86_64 5.3.3-46.el6_6 @updates 307 k

トランザクションの要約
==================================================
削除 14 パッケージ

入っていたphpを削除したときのパッケージ名と同じものをphp5.6として入れる
$ sudo yum --enablerepo=remi,remi-php56 install php php-cli php-common php-devel php-gd php-imap php-mbstring php-mcrypt php-mysql php-pdo php-pear php-pecl-apc php-soap php-xml

apacheリスタート
$ sudo service httpd restart

phpのバージョン確認
$ php -v
PHP 5.6.16 (cli) (built: Nov 26 2015 08:01:30)
Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies

 - Linux, php